FX(外国為替証拠金取引)でコツコツ 【1日千円取れれば良し】 
 
 

◆1,000通貨単位で手数料無料のFX会社特集

FXブロードネット(ライトコース)
1,000通貨単位の取引ができて手数料も無料!
  ヒロセ通商【LION FX】
1,000通貨単位の取引ができて手数料も無料!
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

連休中はスプレッド拡大キャンペーン?

5/5 ドル円が先週末ついに105円台まで戻しました。週明け本日も105円台をしっかりキープして静かにスタート。

しかし連休中は、パチンコ屋さんの釘と反対でスプレッド拡大キャンペーン中のようです。
気をつけよう。。。

ドル円  通常スプレッド 1pips → 連休中 5pips
ユーロドル  通常スプレッド 2pips → 連休中 11pips!

さすがにユーロドル11pipsは勘弁してくれ~。

2008_05_05_15.png


◆現在の保有ポジション◆
米ドル/香港ドル ロング中
ユーロ/ドル(塩漬け)+ドル/スイス(ヘッジ用) セットでロング中




にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

スポンサーサイト
   09:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

一目均衡表を見て注文してみました。

使っているFX業者さんで、(今ごろですが)一目均衡表が見られる事に気がつきまして、1時間足で見る限り、どう見ても買いだろうという事で注文してみました。

13:40ごろ103.93で1Lot買い  ストップは基準線の少し下の103.60
 ↓ 
直後に103.75あたりまで下落。。。

基準線に喰い込んでるようにも見えますが、どぉなるんでしょうか。。。

2008_03_05_03.png

   ↓
 その後続落して結果、損きり


**以下備忘用**

基準線:過去26日間の高値と安値の中間値を結んだ線(長期線)
転換線:過去9日間の高値と安値の中間値を結んだ線(短期線)
先行スパン1:基準線と転換線の中間値を26日先行させた線(短期線)
先行スパン2:過去52日間の高値と安値の中間値を26日先行させた線(長期線)
遅行線:当日終値を26日遅行させた線
抵抗帯(雲):先行スパン1と先行スパン2に囲まれた帯の部分

※基本的な見方
転換線… 転換線が基準線の上にあれば、買い局面。転換線が基準線の下にあれば、売り局面
抵抗帯… 相場が抵抗帯の上にあれば、買い局面。相場が抵抗帯の下にあれば、売り局面
遅行線… 遅行線が26日前の相場の上にあれば、買い局面。下にあれば、売り局面

参考URL
http://www.invest-index.com/technical/shihyo_ichimoku.html
ポイント:「この指標のみの投資判断はやめましょう」と書いてあった。。。


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
   15:14 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

テクニカル用語解説(備忘用)

米ドル対円 東京金融先物取引所為替証拠金取引
2月19日 始値 108.21 高値 108.29 安値 107.22 終値 107.76 (前日比 -0.49)
出来高 31,834 建玉 90,953 (前日比 +7,025)

ピボット指数
HBOP 109.36
S2 108.83
S1 108.29
B1 107.22
B2 106.69  
LBOP 106.15  

4週ボリンジャーバンド
+2σ 108.25
+σ 107.67
-σ 106.52
-2σ 105.94

累積出来高VA 298 (-12,125) (カッコ内前日比)
10日変化率ROC 101.11 (-0.22) (カッコ内前日比)
究極オシレーター 59.93 (+1.56) (カッコ内前日比)

一目均衡表 基準線 106.79 転換線 107.27 
先行スパン1 109.50 先行スパン2 111.02



◆ピボット指数:別名リアクション・トレンド・システム。前日の値動きから算出する目先の売買水準。基本的用法としては、S1・S2は売り、B1・B2は買い、HBOPおよびLBOPは損切り水準。

◆4週ボリンジャーバンド:過去4週間の3本値平均からの標準偏差。基本的には、±σ以内に収まる確率が約68%、±2σに収まる確率が95.4%と考え、逸脱した場合を異例とみなす。

◆累積出来高VA:3本値と出来高から算出するモメンタム指標。「出来高は価格に先行する」(グランビル)傾向に着目した指標で、値動きと同方向に動くか、逆方向に動くかが重要。

◆10日変化率ROC:本日終値と10営業日前の終値の変化率。短期のトレンド反転を捉えるモメンタム指標。

◆究極オシレーター:過去28営業日の値動きから売買圧力を測定し、需給動向をみる指標。数週間以上の中長期取引に利用する。

◆一目均衡表:基準線と現在値の位置関係、基準線が示す方向などに注目する。基準線の方向転換を伴って基準線と転換線が交差した場合を、相場の転換と捉える。基準線が、押し目・戻りの限界となり、先行スパン1・2が形成する「雲」が中勢・大勢の抵抗水準となる。



にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
   21:49 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
スポンサード リンク


プロフィール
ドル円メインでFXを始めて3年目に突入。
手数料が無料でドル円のスプレッドが1銭のFX会社さんでコツコツやってみたいと思います。

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

【FXブロードネット  初回入金3万円から!】


【外為オンライン 初回入金5千円から!】


【外為ジャパン】


USD/HKD取扱業者さん
最近話題のUSD/HKD(米ドル/香港ドル)の運用を始めました!

1万ドルから取引可能!
しかも手数料無料!
【FX Online Japan】


・USD/HKD 1万ドルから取引可能でミニマムチャージも不要。標準スプレッド8pips。初回入金5万円より。

1万ドルから取引可能で
手数料も無料!
CMSフォレックス

・USD/HKD 1万ドルから取引可能でミニマムチャージも不要。標準スプレッド12pips。初回入金25,000円より。

fx
最近の記事
サイト内検索
Google
RSSフィード
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。